TOPICS

 

数々のヒットアニメーションを手掛ける細田 守監督の人気作品『時をかける少女』関連商品発売!

このたび、劇場公開アニメーション映画「時をかける少女」でご一緒したアニメーション監督の細田 守氏の最新作「バケモノの子」の公開を記念して、吉田 潔が作曲を手掛けた「時をかける少女」の関連商品が発売されることとなりました。


●「時をかける少女」を含む細田氏の過去三作品と、それぞれのコンプリートスコアCD・縮刷版劇場パンフレットなど豪華特典が同封された トリロジー Blu-ray BOX 2006-2012

(…2015年7月1日(水)より絶賛発売中)


商品詳細はコチラ(細田守監督スタジオ 「スタジオ地図」 サイトURL)

 ↓ ↓ ↓

http://www.studio-chizu.jp/news/20150508128.html

●「時をかける少女」ピアノ楽譜集

(…ヤマハミュージックメディアより、2015年 8月中旬発売予定)


吉田 潔作曲の、映画冒頭シーンで流れる夏の青い空をイメージさせるにふさわしい、ピアノとストリングスのメロディが清々しい「夏空~オープニング・テーマ~」、穏やかなピアノの音色が響き渡る「Daylife」が掲載されています。かねてより楽譜販売についてお問い合わせをいただくことが多かった作品ですので、皆様ぜひお手に取っていただけたらと思います。


商品詳細はコチラ(ヤマハミュージックメディア サイトURL)

 ↓ ↓ ↓
http://www.ymm.co.jp/p/detail.php?code=GTP01091769

JT様の企業CM音楽を担当させていただきました。

 

前回の【想いを届ける、ひとのそばに篇】に引き続き、このたびは

【想いあう、ときのそばに。 / 父と息子篇】

【想いあう、ときのそばに。 / 妻と夫篇】

…のOn Airが始まり、クライアント様のサイトにもアップされています。

 

【想いあう、ときのそばに。 / 父と息子篇】

http://www.jti.co.jp/knowledge/tvcm/kigyou25-30.html

【想いあう、ときのそばに。 / 妻と夫篇】

http://www.jti.co.jp/knowledge/tvcm/kigyou26-30.html

 

( 以前のはこちら ↓  【想いを届ける、ひとのそばに篇】)
http://www.jti.co.jp/knowledge/tvcm/kigyou17-60.html

   
どうぞご覧ください。

日本だけに留まらず世界各国でダンス作品を発表し、数々のダンスフェスティバルで高い評価を受けている振付家・稲吉 優流氏が この度 新たに立ち上げられたアートプロジェト「MEVIUS」。

そのMEVIUSの旗上げ公演となるダンスミュージカル『ENISHI 〜遥かな旅〜』が、全編 吉田潔の楽曲により演出されることとなりました。

メインテーマ曲は新たに書き下ろし、公演当日は吉田潔本人がゲスト演奏をします。

皆様、ぜひご覧ください。


*********************************************


ダンスミュージカル『ENISHI 〜遥かな旅〜』


●日時4月5日(土)・6日(日)

5(土) 14:00〜/18:00〜

6(日) 13:00〜/17:00〜

※開場は開演の30分前です


●会場

日本芸術専門学校劇場

(東京都大田区山王2-12-13)

JR京浜東北線「大森駅」西口改札より徒歩3分


●料金

前売:3,500円

当日:3,800円(全席 自由席)


●ストーリー

携帯もインターネットもない古の時代、人は自然の声を聞くことが出来た。

我々日本人のルーツである古代の民族が、環境の異変により、緑豊かな大地を求めて旅をする物語。

長である父親と離れ離れになった娘は、幾多の困難を乗り越え、やがて父と再会し、東の大地に新たな村を創りあげた。その子孫である我々現代人・・・。

便利になればなるほど、心が渇いていく現代に、古の祈りが届くのだろうか?


《ご予約は…》

下記URLより必要事項を入力のうえお申し込みください。


 http://ticket.corich.jp/apply/53250/100/


※ 2月7日~チケット発売開始

※「迷惑メール防止機能」が設定されている携帯電話では当方からの返信メールを受信いただけないことがありますので、可能な限りパソコンメールアドレスを明記してください。

*********************************************

皆さまのご来場、心よりお待ちしています。


※2014年5月追記…おかげさまで当公演は無事終演いたしました。

吉田のブログコーナーに本人からのコメントを載せておりますので、ぜひご覧ください。

映画「天のしずく」のDVDとブルーレイが発売されます。

まだご覧になっていない方は勿論ですが、すでにご覧になった方も、劇場ではなくくつろげるご自宅などで、大切な方と是非ご覧ください。

「天のしずく」未公開映像や、辰巳先生ご出演のNHK Eテレ「きょうの料理」などの特典映像の他、料理レシピ10品を掲載したブックレットの封入特典もついています。

ドキュメンタリー映画「天のしずく 辰巳芳子“いのちのスープ”」音楽担当
~サウンドトラックCD「天のしずくの言葉と音楽」avexより好評発売中


「農と食を通して、人の命の尊厳を改めて考え直す」
…料理家、辰巳芳子さんの料理哲学が凝縮したスープの物語であるドキュメンタリー映画「天のしずく」の音楽を吉田潔が担当しました。
同映画は2012年11月3日(土)より劇場公開~2013年には第61回サンセバスチャン国際映画祭「キュリナリー・シネマ部門」、第29回ワルシャワ国際映画祭「ドキュメンタリーコンペティション部門」、バルセロナ/マドリッドFILM&COOK festival de Cine y Gastronomia「コンペティション部門」にも正式出品されました。
現在も全国各地で好評上映中です。ぜひご覧ください。


「伝統や文化の象徴でもある日本食に、今世界の注目が集まっています。 
しかし、その原点を私たちは忘れてはいないでしょうか。食を軽んじることは、生命を軽んじることです。 この映画は、農と食を通して、人の命の尊厳を改めて考え直す映像の記録です。」
(監督 河邑 厚徳:公式サイトより抜粋)


また、オリジナル・サウンドトラック「天のしずくの言葉と音楽」はavexより好評発売中。
草笛光子さんの朗読も収録。
「食すことは、いのちへの敬畏。食べものを用意するとは、いのちへの祝福…。」
料理研究家・作家、辰巳芳子さんの言葉と美しい音楽に癒されて下さい。 

【商品仕様】
●CDアルバム(収録時間48分25秒)
●定価:2,500円(税込) 
●発売日:2012年11月12日 
●品番:AQCD-50806

「吉田 潔ピアノ・ソロ〜自ら弾く、吉田 潔 映像音楽集」ライブ


渋谷・Li-Po、横須賀市・ピッコロモンドにて、吉田潔が音楽を制作した映画やドキュメンタリー番組の楽曲のライブを開催しました。
ライブ内では映像とともに吉田潔自身が作曲の経緯や手法等の解説を交えながら、原石であるピアノ演奏にてお楽しみいただきました。

2012年 スイス「ダボス会議」上映『BEYOND THE TSUNAMI』
 〜 Discovery CHANNEL…169の国と地域で放映
 〜 NHK総合テレビ「明日へ〜支えあおう」 音楽担当


2012年1月、スイスで開催された世界経済フォーラム年次総会「ダボス会議」。

日本からは俳優の渡辺 謙さんがスピーチを行い話題となりました。

「私たちの決意として世界に届いて欲しい」と語った渡辺 謙さんの言葉とともに上映されたドキュメンタリー作品「BEYOND THE TSUNAMI」(英題)。

この話題の映像の音楽を吉田 潔が担当致しました。


同作品は、Discovery CHANNELにて169の国と地域でも放送されました。

渡辺 謙さんナビゲートのドキュメンタリー番組で、実際に被災地を訪れて、津波によって被害を受けた伝統産業の再生、東北新幹線を支えたテクノロジーなどを紹介。
現地で目にした人々の復興へ向かう力強い姿や未来への希望を自身の言葉で伝えました。

また、共同制作のNHKでは、復興への道のりを見つめる新番組「明日へ~支えあおう~」が2012年4月からスタート。

その中での特別企画「渡辺 謙・僕に、できること」として、2012年4月と2013年の4月にわたり放送されました。

ヴァイオリニスト宮本笑里に楽曲提供


宮本笑里さんデビューから5年となる2012年、震災後の交流をきっかけに生まれた、仙台フィルハーモニー管弦楽団との共演アルバム。

「cure」を楽曲提供しました。

パッヘルベルのカノンを織り交ぜた美しいメロディーを是非ご堪能下さい。


「renaissance」by 宮本笑里
初回生産限定盤CD+DVD¥3,465(税込)SICC10113-4 【SA-CD HYBRID】 三方背BOX仕様予定
通常盤CD ¥3,045(税込)SICC10115 【SA-CD HYBRID】

2012年 ミス・ユニバース・ジャパンでの楽曲演出


「2012 ミス・ユニバース・ジャパン」日本最終選考会に於いて、全面的に吉田 潔の楽曲で演出構成されました。

2011年の震災をうけて、日本の復興への意志や決意を、ナショナリズムを追求した演出によって強く世界に伝えることが演出の根幹とされました。

主にアルバム「打」からのReMixにより、ショーの音楽構成がなされました。