NEW TOPICS

 2016第六届阿比鹿音乐奖…映画音楽部門 大賞受賞!


中国の音楽配信サイト「阿比鹿音乐」が主催する「2016第六届阿比鹿音乐奖」に於いて、吉田潔が作曲した「大鱼海棠」のサウンドトラック集が、映画音楽部門の大賞にあたる「最受欢迎原声唱片」を受賞しました。

皆様の応援のおかげです、ありがとうございます。

 

2016台北金馬影展  吉田潔ノミネート!…結果のご報告


吉田 潔が 中華圏で最大の映画祭と言われる台北金馬獎にノミネートいただき、先日 授賞式に出席しました。

吉田本人からのコメント

「台北金馬獎授賞式に出席して参りました。

残念ながら受賞は逃しましたが、レッドカーペットでのひときわ大きな声援にチカラを頂き、とても幸せで夢のようなひとときでした。

この体験を糧と励みに、これからも心に響く良い音楽を作っていきます。」


  2016台北金馬影展  吉田潔の楽曲ノミネート!


台湾金馬獎、2016台北金馬影展に於いて、映画「大鱼海棠」の主題歌として吉田潔が作曲した「湫兮如風」が最佳原創電影歌曲の5曲にノミネートされました。

吉田 潔 最新ALBUM「僕に、できること」

自身のレーベル"LongWoodMusic"を立ち上げて第一作目のため、現在のところ当サイト限定販売としています。
下記ご注文フォームよりご購入いただけますので、ぜひお手に取ってお聴きください。

 お申し込みはこちらから
********************************
" 震災を扱ったドキュメンタリー映像に音楽をつけることへの抵抗は強く感じました。
しかし、作品は169の国と地域で放送され、ダボス会議での上映を通じ、被災地の現実を世界に伝える…そのために、音楽は日本の伝統に根ざした和の響きを必要とし、生身のニンゲンの痛みや苦悩、或は喜びに寄り添い、観るひとの感情の深い部分に訴えることが命題であると告げられ、私は、私自身と、私の音楽にできることに向き合おうと決めました。
力強く立ち上がり、再び街を興そうとするひとびとの想いや、永く培われた技術と叡智が、傷ついた土地を、この国を、豊かで安らぎのある、風薫り花の咲く場所に導くことを祈りつつ。
 吉田 潔 "

ライナーノーツより
********************************
【商品仕様】
●CDアルバム(16トラック収録)
●定価:2,800円(税込) 
●品番:LWM-8001

Eyewitness to Recovery
Ken Watanabe's ongoing support for Tohoku


東日本大震災の翌年、2012年4月に放送された第1回から4年の歳月を経て、今年の6月に放送された第4回の内容の、英語版の放送が決定したとお知らせがありました。


Eyewitness to Recovery
Ken Watanabe's ongoing support for Tohoku
放送:9月10日(土)8:10~/14:10~/19:10~/26:10~...
NHK World


吉田からのコメント

「想い続け、明日へつなげること…音楽がその、ほんの一助にでもなれたら幸いです。」

サウンドトラックCDは、公式サイトのみの限定販売です。


お申し込みはこちらから

  → https://ssl.form-mailer.jp/fms/baa50435299837


NHK 東日本大震災プロジェクト

「明日へ つなげよう」

 渡辺謙 僕に、できること 第4回 

~再会 6年目の希望と苦悩

 

2016年6月12日(日)

午前10時20分~放送

音楽/吉田潔

http://www.nhk.or.jp/ashita/bangumi/

この度 音楽を担当した中国のアニメ映画「大魚海棠Big Fish & Begonia」の最終版 公式トレイラ―です。

是非ご覧ください。


Big Fish & Begonia Official Final Trailer:大魚海棠終極預告片

https://www.youtube.com/watch?v=wd-GD5JLerA




中国の劇場版アニメーション作品「大魚海棠」の音楽を担当


国際契約締結までに4ヶ月を費やし、そこから丸二年。

訪中3回と、監督の来日1回、何回かのスカイプでの打ち合わせを経て、先日ようやく全ての音楽録りを終えた中国制作劇場版アニメーション映画作品の公開発表(試写会でも制作発表でもなく)が4月18日に北京で行われました。

その長かった音楽制作以前に、本編自体の構想、制作に12年を費やしていたという監督らの情熱に敬意を抱くとともに、その12年前に着想した際の短編映像に、すでに私の楽曲『日本人はるかな旅』が充てられていたということを、とてもありがたく感じています。

中国全土3,000館での上映が予定されてこの作品、ぜひ沢山の方にご覧いただきたいです。


  ↓  公開発表の様子はこちらからご覧いただけます。